• ホーム
  • 高血圧症が引き起こす大病

高血圧症が引き起こす大病

薬を飲んでいる女性

高血圧症は発症したからいきなり死に至るというようなものではありません。
このことは広く知られていることであるため、健康診断で高血圧気味だと指摘されても「気にする必要はない」というような判断をしてしまう原因にもなっています。
確かに軽度の高血圧であれば放置していてもそこまで問題が出ることは無いのですが、しかしながら悪化していく中で放置をしてしまうということになると、高血圧が大病を引き起こし、最悪死に至るリスクすら出てきてしまうのです。
では高血圧がどういった病気を引き起こすのかと言うと、最も警戒するべきとなるのは動脈硬化からの脳梗塞・心筋梗塞です。
動脈硬化とは全身に走っている動脈が圧力の高い血液を受け続けることによって劣化していくことで引き起こされる病気であり、これが悪化していくと動脈の中に血栓と呼ばれる血液のかさぶたができるようになります。
このかさぶたがあるだけでも高血圧はさらに悪化していくことになるのですが、このかさぶたが剥がれおちたうえで動脈の流れに乗り、脳や心臓の血管をふさいでしまうと脳梗塞・心筋梗塞に発展していきます。
どちらも発症してすぐに対処をしなくては死に至りますし、脳梗塞が発症すると身体機能異常などの後遺症が残ってしまうこともあるのです。
またその前段階として心臓の筋肉が過剰に発達してしまう心肥大や、体に蓄積される老廃物の除去が十分にできなくなる高血圧性腎障害なども確認しておくべきでしょう。
どういったケースであれ高血圧を放置するということはこれらの重大な大病を引き起こすリスクになり得るわけですし、ほとんどの場合、危険水準まで上がってしまった血圧を戻すのには大変な苦労が必要になります。
もし健康診断などで血圧が高いと指摘されたのであれば、その日から治療を始めた方が最終的にはお得なのです。

関連記事